668340
始めての転職はなかなかうまくいきませんよね?

普段から見ていて思うのは、30代の転職者って他人に任せきりな人が多いな~ってイメージ。

ゆとり世代だからでしょうか、エージェントに丸投げしてまるで他人ごと。

超が付くほど優秀な30代であれば、それでも面接の誘いはきますが、それ以外の大多数の人は、結局転職が上手くいかず諦めてしまう人、勢いで退職してしまって路頭に迷う人が多いですね。

結局のところ、私が指導している転職術もリスクヘッジです。

エージェントに相談しつつ、自ら動き回って1件でも多くの募集要項をゲット、転職サイトやエージェント経由の応募をしつつ、直接応募やコネでリスクを徹底的に回避。

待ちの姿勢で勝ち取った少ない内定の中から選ぶのではなく、攻めて攻めて攻めまくって手に入れたたくさんの内定の中から最も待遇の良いものを選ぶのがコツ。

30代の中には思い込みでハローワークやチラシ媒体を一切チェックしない傾向にあります。

これらの媒体は、質の低い、パートやアルバイト主体ですが、だからと言って全く正社員の募集が掲載されていないかと言われればそうでもありません。

特にハローワークは極稀に、某外郭団体などの超お宝級の募集があるんですよね…。

先入観なしに見てた人だけがチャンスをつかめたという話は、いくらでも耳に入ってきます。

転職サイトにはWEB履歴書の機能が備わっているので、積極的に制限字数ぎりぎりまで経験とスキルをアピールしてくださいね?

タダで使えるものは使い倒す。

これが転職の極意ですよ。

ただ、リクナビNEXTを始め多くの転職サイトが自分の意図しない職種を放り投げてくる傾向にあります。

私もこれには悩まされましたが、内定するしないは別として、エージェントと繋がることができる機会、模擬面接できる機会と捉えて積極的にチャレンジしてみてください。

人間って自らブレーキをかけてしまう生き物なので、チャンスがあればモノにする姿勢で臨んでみてください。

前向きに生きていると、ふとしたきっかけで実ることがありますから。